プロゴルファー『合田 洋』公式ブログ
侍プロゴルファー その〜


侍バックナンバー、〜を下記に紹介する。
もちろん三人とも、私にとって思い出ぶかいプレーヤー達である。
ともに長い年月をツアー生活に埋没させてきた古株のプレーヤーだが、そのなかにあって、未だに一際光彩を放ち続けているプレーヤーがいる。
それは 藤田寛之 だ。

鋭いショットとショートゲームの巧さが、一緒にプレーするプロゴルファー達を唸らせた白潟。プロゴルフ界を知る者であれば、誰もが認めざるを得なかった天才プレーヤー・宮瀬。
二人とも、いづれプロゴルフ界を背負って立つ存在だとさえ思われていたのではないか・・・玄人眼に、ショットのキレは元より、ショートゲームの巧さにも、たしかに二人は異彩を放っていたのである。
このように才能に恵まれた存在であったが、しかし、ゴルフに賭ける気持ちは誰よりも高く、練習量も豊富な彼らである。
つまり二人とも、誰もが認める “巧いプロ” だったわけだ。
しかし、藤田の場合は逆に、「ただパッティングが上手い」というか、まぁ「なんとなくパットが入る」というか、悪く言えば、それだけにしか見えないというのが、じつは若いころの藤田を見るプロゴルファー達の藤田観で、昔の藤田が今の藤田になろうとは誰も想像してはいなかったのが本当のところ・・・それは本人も認めるしかないだろう。
球は飛ばないわ、技だって一辺倒。
巧さを感じさせないより何より、じつに “ミスショットが多いプレーヤー” というのが、かつての藤田というプロゴルファーだったのである。

そんな藤田が、去年は賞金レースを牽引し、まさに賞金王に王手をかける奮迅ぶり。私は、ただただ藤田の頑張りにエールを送っていた。
若いころのニックネームは、小さなバイキング 『ビッケ』 という、もう四十歳を越えているにも関わらず童顔の風貌を持つ藤田。彼の内面に隠されたバイタリティの高さと、論理的な思考、なにより己を貫き続ける「粘り強さ」という才能が、藤田のゴルフを支えているのである。

藤田寛之 本当に凄い男である。





 『関の隼』 … 白潟英純


本州と九州を分ける関門海峡の上を、悠然と飛行する小さな影は、
獲物を見付けるや否や、一条の“光の矢”となって急降下を開始する…
そして、鋭い爪で一閃、獲物をシッカリと捕獲するのだ。
捕らえられし獲物に逃れる術はない。

白潟のプレーには、そんな“隼の狩り”を彷彿させる、緩急ある攻撃があり…
誰もが思わず「見事!」と、感嘆の声を挙げてしまう。

関門海峡を見下ろす、長州・下関の地に育まれし白潟の“意気地”は、
(いにしえ)からの長州人のソレに似て、礼儀正しく学びに貪欲な“識者の誇り”を匂わせる。

如何なる時にも “沈着冷静” な【海峡の隼】=白潟英純は…
独特のリズムを持つ“切れ味鋭いスイング”と、
オーソドックスで強気なパッティングを武器に、
海峡の遥か高みより、虎視眈々と、獲物の油断を誘っている。

 


 『葛城童子』 … 藤田寛之


駿河・葛城に棲む鬼童子=藤田は、
鬼をも凌ぐその胆力で、己を鍛え、己に問い、
更に、己に鞭打つ “求道者” なり。

その姿勢は、古(いにしえ)の剣豪・宮本武蔵を、現代に蘇らせたと言っても過言ではない。

たゆまぬ努力は…人々が去った練習場で黙々と、ただ黙々と、
球を打ち続ける彼の姿が物語る。
飽くなき闘争心は…引き締まった小さな身体に現れる。

富士の裾野に住まいし賢者・芹沢信雄を“師”と仰ぎ、
小柄な“現代の宮本武蔵”は、ゴルフの道を日々追い続ける。
“心優しい求道者”でもある藤田は、
真っ直ぐに伸びる“ゴルフ道”を、脇目も振らずに駆け抜けてゆくのだ。

誰もが“好感”を持つ素晴らしい人物であり、尊敬するに値するプレーヤーの一人であるが…
藤田は紛れもなく【ゴルフの鬼】なのである。



 


 『上総猿王』 … 宮瀬博文


若年の頃より一流の道をひた走る宮瀬は、
名将・高巣南雄に師事し、闘将・横山明仁に学んだ、
伝統ある“プレーの流儀”を踏襲(とうしゅう)する。

小気味よいショットと、
獲物の喉笛を咬んで離さぬが如き、粘り強いパッティング…
そして、ひとたび燃え立てば、炎の広がりを思わせる怒涛の攻撃力と相俟って、
宮瀬の “攻守に長けたプレー” は特有の安定感を醸し出す。

宮瀬ほど、ゴルフの才気に恵まれた人物はいない。

その、誰にでも好かれる人柄は宮瀬の器量(人間的器)の大きさを物語る。
その、明るさは天性のモノであり、如何なる困難にも“大らかな魂”を以て立ち向かう。
謙虚な天才…彼を評するに、これほど当を得た評価はない筈だ。

故に宮瀬の周囲は、いつも暖かい…宮瀬は【王たる器量】の持ち主なのである。

勝て!宮瀬。
宮瀬のプレーは…人々を引き付けて止まぬ魅力あり。
宮瀬の勝利には…人々を感動の坩堝(るつぼ)へと誘う(いざなう)爽やかさがある。






Posted by : 合田洋 | 侍プロゴルファー | 15:15 | - | - | - | - |
侍バックナンバーЛ┃を紹介する

純(菊池純)のこの記事を書いたときは、まだ純がサンクロレラでのツアー初優勝を遂げてはいなかった。その純も、度重なる腰痛にツアーのシード権を落としてから何年が経つのだろうか。
諸行は無常であるが、懐かしいこの記事をみると、誰よりも強い精神力を持つ純が復活の狼煙を挙げてフェアウェイを悠然と歩む姿が見えてくる。

良兼(川岸良兼)と出会ったのは、私が高校3年生のとき。
ティショットで我々を100yもおいてゆく その破壊的な飛距離が印象の的だったが、その後、ツアー生活を共に過ごすなかで、そのゴルフよりも彼の人柄に惹かれるようになったいった。
良兼は賢明で爽やかな人間性を持っている。

一見すると傍若無人きわまりないタテ(立山光広)の内面というのは意外に思うかもしれないが「細やか」である。プロゴルフツアーという共通のフィールドが無ければ、合田と立山が普通に会話をすることさえなかったでしょう? それほど、こと見た目に於いて、私とタテは種類が違うように見えるかもしれない。
しかしタテの内面を知るようになったとき、きっと誰であろうとも、彼の表面に現出する “振る舞い” を寧ろ好ましく感じてしまうのだ。
タテほど優しさに敏感な人間はいない。こいつは、『男』 なんだな。





 『武蔵野弁慶』 … 菊池 純


何者にも怖じることなく立ち向かい、
己を鍛える向上心と、
努力を惜しまぬ覇気に於いて、菊池を凌ぐ者は少ない。

14本の武器(クラブ)を、将に“駆使する”菊池のプレーは、
七つの武器(弁慶の七つ道具)を使いこなしたと伝えられる、古(いにしえ)の英雄
【武蔵坊弁慶】を彷彿させる。

死して尚、立ち尽くしたと云う弁慶の“立ち往生”は伝説ともなっているが…
菊池もまた、弁慶同様に “強い精神力” を以て、
如何なる下位(順位)からでも、不死鳥の様に浮上してくるのだ。

たゆまぬ努力と、素晴らしい精神力を持つ菊池のプレーは、見る人を決して飽きさせない。
魅力ある“武人”だ。

武蔵の野山が鍛えし“弁慶”=菊池 純…
気持ちの抑揚は激しい方だが、
弾ける笑顔は印象的で、彼を知るほどに好感を得るであろう。





 『加賀の巨砲』 … 川岸良兼


心優しい“加賀の大器”は、抗えない運命に翻弄(ほんろう)されたのか…
しかし、川岸の“魅力”は、いつまでも色褪せることは無い。

一言に“飛ばし屋”と称する人間は数多いるが…こと、川岸の飛ばしは一風違う。

インパクトで着火を遂げる【巨砲(おおづつ)】…
着弾点をさえ違えなければ、全てを粉砕するに似た、将に “破壊兵器” なのだ。
着火後(インパクト後)、緩やかな飛球にも見える川岸の打球は、
落下を躊躇う(ためらう)が如くに、いつまでも、あくまでも、ターゲットを目指し続ける。
その打球は恰も、フェアウェイやグリーンを…粉砕する様にも見えるのだ!。

日本海を、松原の向こうに望む“加賀の地”が、大らかで心優しい川岸の人物を育てた。
やや“舌っ足らずの語り口”も、彼の人物を和ませる。

巨艦(巨漢)大砲時代を確かに築いた川岸は、
虎視眈々と、荒廃した時代(現在)に楔(くさび)を打つべく、明日を見詰めている。

 




 『関東毘沙門天』 … 立山光広


甲冑を纏い、憤怒の姿で北方を守る【毘沙門天】を思わせる その風貌と、
(ほむら)の中心色を表す“石竹色(せきちくいろ=ピンク色)”を好む立山は…
火花散るインパクトから放つ“類い希なる飛距離”と、
特筆すべき“100у以内の寄せ”を武器に、
将に荒ぶり、フェアウェイを燃ゆるが如くに蹂躙(じゅうりん)してゆく。

己自身でも抑えきれない、その “猛き魂(たけきたましい)” は、
立山自身にとっても『両刃の剣』であり、
時に そのプレーぶりは、満身創痍(傷だらけ)の中でも突進が止まらない荒武者を思わせる。

立山よ。
毘沙門天の右手に掲げられし仏塔を見よ。
そこに住まいし四人の賢者は、毘沙門天の頭脳なり。
「びしゃもん」とは梵語の音、意味は“多聞”…毘沙門天の別名は多聞天である。

賢者の言葉に耳を傾け、並み居る夜叉を率い、プロゴルフ界を『守護する男』たるべし。





 

Posted by : 合田洋 | 侍プロゴルファー | 09:39 | - | - | - | - |
い鉢イ鉢

 侍シリーズ、バックナンバーを下記に紹介します。
これも懐かしい記事ですね。随分前に掲載した記事であります。
 薩摩の鬼斧 こと、小田龍一は、去年の日本オープンの覇者。石川くんと今野(ヤス)との、三つ巴のプレーオフは記憶に焼きついております。あの日の龍一、男前だったよね〜。

 さて、日本オープンの話が出たので、ついでと言っては何だが、少し書く。
 今年の日本オープンも昨日最終日を迎えて、韓国のキム・キョンテくんが優勝を遂げました。
 最終ラウンドが始まって間もなく、ひたひたと追い上げてくるキムくんの足音が聞こえるようなプレーが印象的な最終日の展開だったが、それはそれとして、小生としては最終組の2人から優勝者が出なかったのが非常に残念だったのであります。
 藤田はとにかくショットが不調のようで、ラウンド中に幾度となく、フィニッシュがとれない状態が続いていたが、そこは藤田の藤田たる所以というショートゲームの上手さと精神力の強さで、度重なるピンチをしのぎにしのぎ巻くって、本人的には不本意ではあったろうが単独2位という成績で終わった。最終ホールのティーショットを打つとき、アドレスに入る藤田が、胸に吸い込んだ息を大きく吐き出したのは、日本オープンという大魚を逃した自分の不運に対しての、「ため息」のようにも見えたのであります。本人的には苦しみ抜いたラウンドだったろうけれど、心の抑揚を表さず、最後の最後までチャンスを待ち続けた彼の姿勢には、こころ打たれるものがあった。素晴らしい精神力だったよね。
 
 しかし武藤、本音を言えば、俺は一番、お前に獲って欲しかったんだ。

まず9番ロングの2ndショット。なるべくグリーンに近づけたいという気持ちがありありと出ていて、日本オープンの鉄則である「ポジショニング」を疎かにしたことがマズかったのかもしれないね。
 そして、15番の短いミドル。あのバーディパットを外したときの武藤の態度・・・はっきり言って武藤、あれはガッカリし過ぎだよ。確かに、あのパットは大事だったし、展開的に勝負を決めるパットではあったが、まだ試合は終わってないんだからね。あの時点で、「今日はパットが入らない。今日はパットが入らない」なんて言葉が呪文のように、頭のなかを巡りに巡ってしまったかな?。
 まぁ最終ホールの4パットは、あんなものは余興みたいなもんだ。人からは、あれこれ勝手なことを言われるだろうが、あれ自体はトップに届かなかったことでの落胆から起こる一つの現象で、大した問題なんかじゃない。
 しかし武藤は今回の敗戦で、一緒に回った藤田から大きなものを貰ったかもしれない。武藤自身が、これから大きくなるために何が必要で何が要らないのかを自覚できたと、小生は信じている。

がんばれ。





『安芸の若虎』 … 谷原秀人


そのドライバーショットは、躍動する猛虎の跳躍を彷彿させ、
アイアンショットは、鋭い爪の切れ味を持つ。
獲物の喉笛を咬みきるが如き攻撃的なパッティングを目の当たりにする時、
人々は戦慄をさえ覚えるであろう。

鬱蒼とした森に、鋭い眼光だけが動いている。
寡黙に獲物を狙う “虎の眼” を持つ男…それが谷原だ。

精神的な持久力には、ヤヤもすると欠ける帰来は否めないが、
己を鍛え上げ、
常に貪欲にゴルフに対して取り組む様は、谷原の持ち味であり、
如何なる困難をも強い忍耐力で克服してゆく。

夕焼けに染まる練習グリーンで、
一人黙々と練習をする谷原に、神仏の加護は必ずある。

寡黙でストイックな【若虎】は、今、世界の喉笛を見詰めている。




『薩摩の鬼斧』 … 小田龍一


前世が“きこり”か?
と思わせる程の怪力の持ち主であるかと思えば…
物事を深く深く沈考する。

その怪力で強打された打球は、
轟音と共に、唸りを上げて、中空を切り裂いてゆく…
その様は、まるで雷(いかづち)だ。

剛打を武器に、次々とバーディを重ねてゆく小田ではあるが、実は、
彼の本当の魅力は “繊細なショット” にあるのだ。
打球を停止させる能力に於いて、小田を凌駕する者はいない。

錦港湾に悠然と浮かぶ“桜島”に育まれた【鬼斧】は、
“薩摩の二才(鹿児島の男)”らしく、礼儀を重んじ、年長者を常に敬う。
その姿には、忘れられた日本を垣間見ることが出来て、清々しくもある。

山野にコダマする“剛打”と、
清流のせせらぎを思わせる“繊細なショット”を携えて…
“哲人・小田龍”は、フェアウェイを歩む。




『浪花の勢源』 … 井戸木鴻樹


屋内戦や、狭い場所での戦闘には、
絶対に欠かせない“小太刀(こだち)”の技…
井戸木のプレーには、小太刀の達人【剣豪・富田勢源】を彷彿させる“妙”がある。

長槍や重い大刀を力任せに振り回し、
ただただ猛進するに頼む無頼漢の多い中…
巧みに“技”を駆使し、一つ一つの難関を駆逐してゆく井戸木のプレーは必見だ。

プレーに “熟練の味わい” を醸し出す、数少ないプレーヤーの一人であろう。

あらゆる人に平等に接し、
慈愛と敬愛に溢れる眼差しを向ける井戸木の心に触れる時、
嘘偽りの無い『真の良識』を見出すことが出来る。
彼は素晴らしい人間性の持ち主なのだ。

「彼を知り己を知れば百戦あやうからず」…彼のプレーを見る時、
屈託の無い笑顔を絶やさない井戸木が、
己の中では、阿修羅の如くに奮戦する姿を、覗き見ることが出来るであろう。



※富田勢源(とだ せいげん)
   戦国時代、一乗谷(越前 朝倉家)・中条流『小太刀』の達人として有名な剣客。
   中条流の末流には、江戸期に隆盛を極める「一刀流」がある。






 

Posted by : 合田洋 | 侍プロゴルファー | 10:20 | - | - | - | - |
,鉢△鉢
 
だいぶ旧い記事ですが、御約束どおり、侍プロゴルファーのバックナンバーを御紹介申し上げます。






『筑前白鷹』 … 手嶋多一

若年の頃より「九州の天才児」との呼び声が高かった手嶋は…
目上の者に対しては折り目正しく、目下の者に対しては常に慈愛の目を向ける。

彼の魅力は、申すまでも無く“バランスの取れた人間性”にあり、
プレーに於いても “オールラウンドなプレーヤー” であるというところだ。

即ち、
ショット&アプローチ&パッティングの全てに於ける完成度が高く、正確無比!
“総合的に優れたプレーヤー”であると同時に“優れた人格者”なのである。

根が明るく、人々を幸せな気持ちにさせる手嶋のトークには、
「覇者たる者は、かくあるべし」との感慨を受けるだろう。

大空を羽ばたくが如き、プロゴルフ界の善意【筑前の鷹】は、
如何なる時も我々の憧れであり、尊敬に値する者なのである。

高貴なる“白鷹”の称号にて彼を呼びたい。




『赤城の小天狗』 … 武藤俊憲


大人しい風貌とは裏腹に…武藤のショットは、強烈な破壊力を持つ。

柔軟な身体に潜む強靭なバネ…
微動だにしない武藤のスイング軸は、
その瞬発力を増大させ、恰も追い風に乗せるが如く、遠くへ遠くへと打球を誘う(いざなう)。
強風の中で、自らの打球をコントロールする技術もピカイチだ。

上州の“空っ風”に育まれた武藤は、
将に “風を操る(あやつる)” 【小天狗】なのである。

また、彼の魅力はその“鮮烈なプレー”だけでは無い。
その、実直な人柄、素直な性格が、人を招き、武藤自身の“学び”を招く。
数多の人々から“学び”を得て、勇躍を遂げるであろう逸材・・・それが武藤なのだ。

『赤城の小天狗』=武藤俊憲…赤城の山が、何時も君を見ている。
心して懸かれぃ!。




 


『浜の与一』 … 野仲 茂


茶目な仕草と、優しい笑顔。

野仲を見る時、人は、節度正しい彼の“フェアプレー精神”を学ぶだろう。
殊に、彼の笑顔は格別であり、その素晴らしい人格と共に人々を魅了してやまない。

相模の国・横浜で育まれた野仲の“魅力”は…
【那須与一の弓】の様な “狙い撃つショット” にある。

ひとたび集中し、笑顔を消して…
キリリと、端正な面差しを見せるや否や、野仲の放った“矢(打球)”は、
遠く水面に揺らぐ扇子をも射抜くほどの精度にて、
ピン傍を次々にゲットしていくであろう。
伝説の弓の名手・那須与一の矢の様に、ターゲットを射抜くのである。

いつも“前のめり”でフェアウェイを歩く彼の姿を見る時
「日本男児たる者、かくあるべし」との思いに至る。

人品まさに秀で、素晴らしい“パフォーマンス”を持つ彼に『浜の与一』の称号を与えたい。




Posted by : 合田洋 | 侍プロゴルファー | 17:49 | - | - | - | - |
TOP