プロゴルファー『合田 洋』公式ブログ
<< い鉢イ鉢 | main | 中国から帰って参りました。 >>
ゴルフダイジェストカップ

 10月21日
しのつく雨のなか、今年のGDカップ(ゴルフダイジェストカップ)が開催された。
 小生も、週刊ゴルフダイジェストで連載をさせて頂いているという関係から、そうそうたるメンバーの末席に名を寄せさせて頂いたという次第である。

 場所は、静岡県は裾野市、東名カントリークラブ。
旧いゴルファーであれば馴染み深いかと思うのだが、かつての秋のビッグイベント 『ゴルフダイジェスト・トーナメント』 が開催されていたコースでもある。
もちろん小生も、幾度となく出場し、ある意味、煮え湯を飲まされたという一人で御座る(笑)。

 昨年は、クオリファイニングトーナメント・3rdステージ(QT・3rd)と、このGDカップの日程がバッティングをしてしまい、出場を断念せざるを得なかったのだが、今年はQT・3rdが来週の火曜日(26日)から始まるということで、久々にヤッて参りました 東名カントリークラブ というわけだ。

 愛鷹コースと→裾野コースという順番でラウンドしたのだが、後半に回った裾野コースは、ゴルフダイジェスト・トーナメントでのOUTコース。何とも懐かしい気持ちに包まれながら、相変わらず、何とも難解なグリーン上で3パットを連発したという体たらくであった。





※3番ロングホール。だらだらと登り続ける心臓破りのロング。このホールの第3打目に、かつて芹澤信雄プロが、残り100yから三度ダフって6オンの憂き目に合い、ラウンド終了後は血眼になってウエッジばかりを練習し続けていたことがあった。延々登り続けるため、終いにアゴが上がってしまって、ダフっちゃう時がある。でも100yから3回ってのは、少しダフり過ぎでしたね(笑)。




※OUT最終9番ホール。下りのミドルホールだが、なかなかのホールロケーションでしょう? 全体的にはトリッキーなコースだが、晴れた日のロケーションは格別で、しかも毎年毎年素晴らしく整備されていたグリーンは、当時、太平洋マスターズの開催コースである太平洋クラブ・御殿場コースと双璧と賞賛されるほどのコンディションとスピードを醸していたのである。



 キャディマスター室などに御挨拶に参りましたが、その対応はとても温かく、ゴルフダイジェスト・トーナメント開催当時から、東名カントリークラブのクラブスタッフの行き届いた対応は大変評判が良かった。それは今でも変わらずに、小生如きプロゴルファーの挨拶に対しても、心からの笑顔が何とも嬉しいという一日となった。かつての戦場は、当時の気持ちとは打って変わって、懐かしいばかりで御座ったなぁ。

 スコアですか? スコアは「−1」。試合の時にも、だいたいこんな感じのスコアだった(笑)。
いくつになっても、進歩しない男なんですよ。ほんと



Posted by : 合田洋 | 記事 | 15:30 | - | - | - | - |
TOP