プロゴルファー『合田 洋』公式ブログ
<< 中国から帰って参りました。 | main | 今年の賞金王 >>
家族を考える 

私は4人の子供を持つ父親である。

来年2月に18歳を迎える長男を筆頭に、高校1年生と中学2年生の娘、そして4人目は小学校6年生の次男。正直言って、非常に厳しい親父だとは思うが、不思議なことに家族仲は良好だ。
私にとって「自慢の家族」なのだが、何より我が家は夫婦仲が良い。
子供達にさえ、よく言われるのが「本当に仲がいいね」という半ば “呆れ” も混じった言葉だから、その仲の良さは推して知るべしである。
だが何のことはない。
我々夫婦が日々行っていることは、お互いを理解すべき会話を絶やさないことだけだ。
女房と知り合ったのは、ともに18歳のとき。つまり、もう30年にも及ぶ “付き合い” になる。
それにも関わらず夫婦喧嘩はおろか、子供達のまえで「言い合い」すら無く、子供達が認める仲の良い夫婦であるのは、何のことはない、二人とも自分の感覚を押し付けるでもなく、どちらかが我慢するでもなく、ただ、会話によって互いを理解し得たからに過ぎない。
これからも二人で貧乏を乗り越えながら、末永く仲の良い夫婦でありたいと願っている。

今月12日、その女房の母親がまったく突然に亡くなった。
女房の両親は、我が家から車で5分ほどのところに住んでいるのだが、12日の早朝、義父(爺ちゃん)から電話があり、女房が駆けつけると、既に義母は息をしておらず、その心臓は鼓動するを停止していたという。
その朝はいつもの朝で、いつものように老夫婦は朝餉の支度に勤しんでいた。ひと部屋あけた廊下の物入れの前で何かをしていた義母が、小さな音をたてて倒れたという。
それっきりだったのだ。
少し血圧が高いくらいで、特別何の疾患も抱えてなかった義母が、こんなかたちで亡くなるとは思いもよらなかった。「いいひと」という言葉は、まさに義母のためにあるような言葉という人で、彼女がこんなタイミングで亡くなるとは思いもよらなかったのである。

婆ちゃん、さようなら……ただただ冥福を祈るばかりだ。


葬儀の一切が済んだ今も、我が家は少々ならず騒々しい。残された義父(爺ちゃん)を我が家に迎える準備に追われているのだ。
義母の49日があければ、我が家に家族が一人増える。



Posted by : 合田洋 | 記事 | 08:30 | - | - | - | - |
TOP